« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005年5月28日 (土)

コンサート情報in名古屋

その1
伊藤秀志プロデュース 愛地球広場 トワイライトコンサート
名古屋ジュラシックフォークウィーク 19:00~19:45
6月 6日(月) 伊藤秀志
6月 5日(日) 斉藤哲夫
6月 4日(土) サスケ
6月 3日(金) 江口 晶
6月 2日(木) 八事交差点(三浦和人 伊藤秀志)
6月 1日(水) きくち 寛
5月31日(火) 瀬戸口 修
*雨天の場合は中止になります

愛知万博会場内の愛・地球広場で行われます。会場内では、無料の自由席(芝生広場だから)
で行われます。

その2
アコースティックギターの巨匠「石川鷹彦さん」のコンサート
広小路ヤマハホール
OPEN 18:00 / START 18:30
前売り:3,000円、当日券:3,500円

変更があるかもしれないので、公式HPで確認してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月22日 (日)

フォークソングコンサートin東海

フォークソングの旗手たちのコンサートが行われます。
5/21(土)14:00から(もう過ぎてしまった)岐阜県可児市の花フェスタ岐阜で行われました。出演はビリー・バンバン、山田パンダ、五つの赤い風船、三浦和人の面々。これは絶対に見なくてはといそいそ出かけていったのですが、ちょっと出遅れたために駐車場がいっぱいで入ることができませんでした。ん~残念。

5/29(日)愛知県名古屋市の金山駅イベントスペース「あすなる」で山本コウタローさんのコンサートが行われます。ん~久しぶりのコウタローさんも見てみたいなぁ。

同じく、5/28(土)、5/29(日)愛・地球博の会場で青春のグラフィティコンサートが行われます。これは、毎年、名古屋の中心部の公園で行われていた無料のコンサートですが、今年は万博の会場の中で行うことになってしまいました。コンサートに行くには愛・地球博の入場券が必要だし、また、事前予約が必要で、いつものように気軽に見ることのできるコンサートではなくなってしまった。会場はEXPOドームという3000人収容の会場ですが入場者を制限して行うのではなく、愛地球広場みたいに、とりあえず中に入れる人は制限しても、周辺の通路やグローバルループからでも見られるようにしても良いのではないか。CBCさん。とりあえず抽選に当たったのでコンサート会場に入れることになりました。5/29の出演は、杉田二郎、南こうせつ、伊勢正三、イルカ、海援隊、谷村新司、堀内孝雄、バンバン、森山良子の面々。期待できるぞ~。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年5月 2日 (月)

グリーン・パラダイス2005

南こうせつさんのグリーン・パラダイスが晴天の日比谷野外音楽堂で行われました。なんと今年で、
14回目だそうで、長く続いていますね。おいらは、何回めだっかっけかなぁ。記録も記憶もおぼつか
ないけれど、毎年楽しみにしています。
今年は、事前にゲストの発表もなく、誰が出るのか、当日会場でも話題になっていました。
最初のゲストは、アンサンブル・プラネタさん。女性5人組のコーラスグループ。緑の風の中にぴった
りのさわやかな歌声を披露してくれました。
次のゲストは、雅夢の三浦和人さん。冬ソナのサビの部分と愛はかげろうのサビの部分が似ている
かな?(本人はあまり強く主張しないとのこと)との話題で盛り上がりました。
3番目は、夏川りみさん。2度目の出演になると思うけれど、いつもながら、澄み切った声と独特の
沖縄弁を披露し、最近シングライクトーキングの佐藤竹善さんとのデュエットで僕の胸でおやすみを
歌っているといい、それなら僕ともとこうせつさんとのデュエットが成立。なかなかいいなぁ。
次のゲストは、NHKアナの黒崎めぐみさん。永遠のフォークソング大全集の収録のエピソードを話し
てくれ、ムッシュかまやつさんが、大きなカンペを出しても、見えないといって、一番前にきたとか。
ということで、そのムッシュさんが登場。我が良き友よでは、親父軍団が、ここぞと場やりに立ち上
がって青春を謳歌していました。
こうせつさんは、窓を開けてごらん、コンサートツアーなど久々に聞く曲も披露してくれたし、コンサー
トでは初めてという、丘の上の子供たちという、シングル美映子のB面の曲を披露してくれました。
そして、ソロで歌っているとき、客席からブラザー軒歌ってというリクエストに答えて、渡さんのエピソ
ード、昨年のグラフィティの話をし、その前日行われたという、渡さんを送る会の模様を佐久間順平
さんが語ってくれました。
いつもならゲストが大勢いて、休み休みステージを行うこうせつさんではありますが、今日に限っては、
出ずっぱりで大丈夫かなぁ、と心配していた時に急に「終わり」といって、ステージを下がってしまった。
客席一同唖然とし、どうなったの?一瞬皆が呆然とした後、当然のようにアンコールの嵐。こんな雰
囲気では帰れないよ~、切なる願いをかなえてくれるのがこうせつさん。
再び登場し、歌うは神田川。サビで、ちょっと詰まったかなと思った瞬間、両サイドから誰か出てくる
のではないか。一番後ろの席に座っていたので、目を凝らしてみていると横で、カミさんがパンダさん
だという。そういうことはもう一人は、やはり正やん。かぐや姫の復活です。もう感動の雨あられ。
パンダさんが黄色い船を歌い、正やんがアビーロードの街を歌い、ステージを後に。今年の広島で
平和コンサートのために1日だけ再結成するという。行きたいなぁ、広島へ。
再びアンコールの後、満天の星でラスト。せっかく手作りで星を作ってきたんだからと前のおばちゃん
たち。盛り上がったし、感動したし、最高のコンサートでした。さぁ、帰ろうとした時、なかなかアンコー
ルの拍手が止まず、でももう出て来ないでしょう、とたかをくくっていたところ、こうせつ、正やん、パンダ
さんの3人が出てくるのではないか!。アンコールのアンコールで面影色の空を歌ってくれました。
もう、感激も最高潮!本当にすばらしいコンサートでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »