« 2005年8月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月23日 (日)

奥の細坪iLIVE2006n名古屋

元ふきのとうの細坪基佳さんのライブ「奥の細坪 LIVE2006」 ~桜、尾張か!初、お目三重!~と、銘打ったライブコンサートが名古屋のライブハウスでありました。細坪さんのコンサート、ライブは初めてだったのですが同年代の歌い手として注目していました。でも、コンサートが始まればすぐ雰囲気になじめて、ず~っと来ているような雰囲気さえ覚えてしまうのは不思議な感じでした。
知っていた曲は、ふきのとう時代の「白い冬」、「春雷」、「初恋」、そして、最後の最後に歌った「やさしさとして思い出として」でした。でも、リズミカルな曲あり、しんみりとした曲あり、細坪ワールドの甘い、まったりとした雰囲気に包まれて最高の夜を過ごしました。
MCでも、前夜、杉田二郎御大と富山でコンサートを一緒に行い、ジローさんと同年代の庄野真代さんと紹介して、顰蹙買った話とか、元NSPの天野滋さんを偲ぶ会で年下で東京生まれ、東京育ちのCHARに「CHARさん」と呼んだ話や、福岡ドームでのサイモンとガーファンクルのコンサートで前座を務めた南こうせつさんが「私を見に来たのではないでしょう、私だってここに出たくはありません。でも、盛り上がりましょう」と言って、会場をひとつにまとめた話など、あっという間に2時間のコンサートと、2回のアンコールは終わってしまった。
久々のコンサート、ライブだったけれどやっぱり生はいいわぁ。BSのフォーク大全集で猫さんたちや五つの赤い風船を見たり、CSでアルフィーの坂崎さんのお台場フォーク村なる番組を見て感動を覚えたけれど、やっぱり生には勝てませんなぁ。
次は誰のコンサートかなぁ。楽しみや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2006年5月 »