« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月12日 (月)

ふれあい交流館本宮の湯(豊川)

三連休の中日、天気もいいので出かけることにした。
行き先は、本宮の湯。前回行って好印象の温泉だ。
とりあえず、東名自動車道へ。豊田JCT周辺が渋滞しているら
しい。
実際行ってみるとJCTだから混んでいるのではない。その先が
坂道だからと思われる。(TVで渋滞学の先生が言っていた)

渋滞を抜け、まずは豊川稲荷神社へ。マナカナちゃんも暮れに来
たようで、あちこちに番組のシールが張ってあった。
来恩できつねうどんを食べ、『元祖いなほ稲荷ずし』の山彦でい
なりずしを買って、いざ本宮の湯へ。

やはり、連休で混雑している。内湯は森の湯と空の湯に分かれ、
男女が入替えになっていて、この日は男性が空の湯だった。
前回はそれほど感じなかったが、塩素臭が強い。連休だから多め
にしているのか、保健所の指導でそうなっているのか不明だが、
少々がっかりだ。
露天風呂はかなり狭くて、5人も入ればいっぱいになる。
木霊の湯という寝湯は曲がり具合がちょうどよく、首まで布団を
かけたような状態でお湯につかることができる。

無料の畳敷きの休憩室があるが、みんな場所をとって寝ているの
で、もう少し工夫が欲しいなぁ。
なんか居心地が悪く、さっさと帰ってきた。帰りは国道1号線で、
渋滞藻なくわりかしすんなりと。

評価:★★☆☆☆
入場料:600円
泉 質:ナトリウム塩化物泉
PH値:不明
http://www.honguu-no-yu.com/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木)

逆流性食道炎

第一日目
節分の豆まきを見に行くつもりで仕度をしていたところ、急に
胸が締め付けられるような痛みが生じた。
念のために、近所の内科医のところへ。胸が痛いし、頭も痛
いというと、すぐに心電図をとりましょう。異常がないと、CT
を取りましょうと、まったくこの先生はオーバーなんだから・・。
結果は異常なし、でももしかしたら、狭心症の可能性が捨てきれ
ないので、大きな病院へ行ってください。
完全に頭の痛いのは無視されている。
そのまま紹介状と、フィルムをもって総合病院へ。
土曜日なので救急の受付で、紹介状を渡して待合室へ。
順番が来てベッドに横になったとたん、看護師4~5人で点滴、
採血、血圧、心電図といっせいに襲ってきた。まるで、救急車
で運ばれたみたいやなぁと。
結果は、異常が見当たらない。先生は、「疑惑を捨てきれない
ので、様子見の入院を」で、初めての入院となった。
もうすでに、胸の痛みは薄れ、その前からの頭の痛みが続いて
いたが、点滴と、酸素、無線式の心電図を付けられベッドへ。
ベッドの端に座ることはよいが、自由に歩き回るのは規制されて
いる状態だ。
入院生活なんて初めてだから何をしていいのかわからない。(こ
れはカミさんのせりふかなぁ)夕飯を食べ、IQサプリを見て1
日目が終わるはずだった。
夜中の11時過ぎ、突然の吐き気が・・・。すぐにナースコール。
自分でも何がおきたか分からない。頭痛もひどい、看護師は吐き
気止めを注射(点滴)し、少し落ち着いた。胸のむかつきと頭痛
に悩まされながら、朝まで寝返りを打ちつつ1日目が終わった。

第二日目
朝6時半ごろから看護師がどうですかと聞きに来る。吐き気と頭
痛を訴えるが、メモするだけだ。朝食もほとんど手を出さず、二
日酔いのひどい状態のような気分で、うなっていた。
トイレぐらいは行ってもよいことに改善した。
昼前、2回目の嘔吐、嘔吐物の臭いに自分でも驚く。薬の聖だろ
うか?すぐに看護師を呼ぶが吐き気止めの注射のみであった。
直後に昼食が出てきたが、当然食べる気すらない。
カミさんとの会話で気を紛らわせていた。
夕食はなし、でもお腹もすくよなぁ、と。
サザエさんが終わった後、再び吐き気が、今回は少々無理をして
トイレまで駆け込んだ。何も食べていないので吐くものがない。
空気しか出てこない、胃がきりきり痛む、痙攣しているようだ。
病室に戻り、看護師を呼ぶ。冷や汗、震えも加わり、最悪の状態
へ。胃酸を抑える薬と、痛み止めで1時間後には何とか落ち着く
ことができた。苦しくて、もがいていても、なかなか医師と言う
ものは来ないものだ。看護師に言っても、先生には連絡を取りま
した。と、繰り返すばかり。どうなっているのかねぇ。
薬の効果?で、うとうとしたが、それも2時間ほどで目覚め、ま
た、眠れない夜が続く。

第三日目
明け方1時間ぐらいはやや深い眠りに入ったようだ。でも、目覚
めとともに襲ってくる、むかつきと頭痛、特に頭痛がひどくなっ
ている。
血管を広げる薬を使用すると起こることもあるそうだが、ひどす
ぎないか?
朝一は胃の検査からスタート。エコーをとり、心臓には問題ない
ですね、でも、脂肪肝がありますねと。やっぱり。
続いて、内視鏡による検査。二度目になるが、体が全然受け付け
ない。「リラックスして、鼻で息をして」というが、苦しくて、
もがいているのにどうすればできるのか・・・。
自分で胸をさすりながら思うのであった。
1時間ほどで検査は終わり、部屋に戻ったが、ぐったりとして、
疲れ果ててしまった。さすがに心臓の薬は中止され、食堂の粘膜
を保護するものと、胃酸を抑えるものに変わった。
病状は逆流性食道炎。治療方針も心臓病から食道炎対策に変更し
狭心症はその症状が現れたら、と言うことになった。
昼間、少しだけぐっすり眠ることができた。頭痛は相変わらずだ
が、いのむかつきは少々減少した感じがする。
その日の夕食はお粥であったが3割ほど食べることができた。
なんか久し振りに食べた気がする。
夜はまた、眠れない時間が続く。

第四日目
看護師も「大丈夫ですか?」の声で目覚める。いつの間にか眠っ
てしまったらしい。でも、頭の痛いのは変わっていない。入院前
からあった、湿疹の症状も出ている。胃の痛みの次はかゆみに悩
まされるとは・・。とほほ。
朝食、夕食はお粥、昼食はきしめんだった。5~8割ほど徐々に食
べられるようになり、回復への道を歩みだした。でも、元気にな
るほど退屈になるんですね。テレビとラジオだけでは時間をつぶ
せません。

第五日目
10時過ぎに主治医である循環器の先生から退院の許可が出た。
確かに、じっとしている以外に何もすることはない。
薬剤師から薬の内容を聞き、午後無事?退院となった。

振り返るとこの5日間ってなんだったたろうか。
原因は逆流性食道炎、WEBでいろいろ調べると胸が痛くなること
もあるようだ。
頭痛の原因は不明だけれど。的確な診断をして欲しいよね。
まだ、胃の辺りは少々痛みます。食欲もそれほどありません。
頭痛はだいぶよくなりました。でも、今日も禁酒です。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »