« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月29日 (日)

なごみーずTV出演

なごみーずがTV出演している。TV東京系のみゅーじんという番組だ。ところでなごみーずってどんなグループ?
な、なんとかぐや姫の伊勢正三、ガロの大野真澄、それに太田裕美の3人だ。えっ、そうなの。この3人がユニットを組んでコンサートを行っているのは知っていたけれど、グループ名が「なごみーず」だったとは不覚にも知らなかった。まだまだ修行が足りないなぁ。

| | コメント (0)

不滅の!フォーク検定#1発見

細坪さんのコンサートで言っていた富澤さんのフォーク検定を発見した。USENが運営しているパソコン動画配信サービスGYAOだ。その中の昭和TVの中にある。第1回目のゲストで細坪さんが登場している。ゲストを交えてのトークとゲストに関するクイズ、これぞフォーク検定。残念ながら全問正解とは行かなかったが、次jは頑張ろう。ちなみに#1は7/1までである。

| | コメント (0)

(福岡)美奈宜の杜温泉(朝倉)

朝早く起きて散歩に出かけたけれど、5分の経たない内に雨が降ってきました。今日は家でじっとして色と言うことかなぁ。でもすっかり雨も上がったようなので気を取り直して出かけることにしました。ササットネットで調べ、行き先は朝暮らしの美奈宜の杜に決定。高速で一時間ほど。意外と近かった。
坂を上っていくと美奈宜の杜の文字、早速車を停めて中に入るとそこは別館。浴室付の個室となっているところ。料金は6,000円。へぇ~。
店の人に聞いてさらに上って行くと本館がありました。書kぅ地付きの個室「杜の湯」コースの状況を確認すると予約でいっぱいとのこと。
まぁ、ともかく、早速温泉へ。内風呂ひとつと露天風呂ひとつ。露天風呂は源泉そのままで泉温36.5度。体温と同じくらいじゃないか。最初入ったときは、天気もよかったしもう少し暖かかった気がしたが食事後再度入ったときは、天気も曇っていたせいかぬるく感じた。
全体的に感じたことは、ぬるぬる感があまり感じられなかったこと、若干硫黄の臭いがしたこと、全体の作りが安普請感があること、食事処の従業員の教育がいまいちなこと。日曜日としては休憩室が空いていたこと。
(2008年6月)

評 価:★★☆☆☆
料 金:650円(HPには700円とある)
泉 質:アルカリ性単純泉
PH値: 9.8と記載しているが現地では確認できず
H P:美奈宜の杜温泉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

(福岡)こうの湯温泉(飯塚市)

雨の日曜日、持病の腰痛が少々気にかかるので温泉へ行くことにした。近場でどこかないかと尋ねたら、ありますありますこんこにある。Photoなんてことは誰も言ってくれませんが、飯塚にあるこうの湯に決めた。途中南蔵院に立ち寄った。住職がジャンボ宝くじに当たったという縁起のいいお寺。平成20年の当たり星の吉凶表と言うのがあり、おいらは今年当たり星の大吉bだった。ラッキー。そこの池でこんなものも。親亀は作り物ですが子亀は生きています。驚きです。
さてさて、こうの湯はここから10数分。手前に温泉センターもありますがその奥にこうの湯温泉はありました。到着早々ご近所さんに逢いました。もうこ湖へは数回来ているらしい。Photo_2そういえば、ここは放射能泉で神経痛や慢性消化器炎にきくようだ。これでよくなればいいけどなぁ。露天風呂と書いてあったほうへ進んでいくとなんか普通の大浴場が。でもよく見ると、露天風呂だったところに屋根を掛け、壁を作り、ってな感じかな。ロビーが喫煙者でもうもうとしていたのと、無料休憩室は半分しか人がいないのに荷物で席取りしている人ばかりで利用できませんでした。少々残念です。風呂に入っている間は他のひとに席を譲りましょう。予約席ではないのだから。
(2008年6月)
評 価:★★★☆☆
料 金:600円
泉 質:単純放射能冷鉱泉
PH値: 6,6
ラドン含有量:287.1×10-10 Ci/kg(78.9M・Ekg)
H P:こうの湯温泉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »