« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

加川良in太宰府天満宮

FM福岡の招待券が手に入り、太宰府天満宮で行われた、花菖蒲コンサート、加川良×新良幸人×下地勇 文書館ジョイントライブに行って来ました。良さんの人柄、観客の心をそっとつかむうまさ、ぴか一ですね。新良幸人さん、下地勇さんは今回初めてですが、話も面白いし、沖縄ソングもよかった。非常に他の詞コンサートでした。
唯一つ、難点は畳の上に2時間半以上もじっと座っていること。こんなに苦痛とは思いませんでした。

| | コメント (0)

Sちゃん送別会

5/31
博多に転勤して来て、会社以外の人で最初の友人となったSちゃんが東京に転勤(栄転)が決まりました。本日送別会です。一緒にギターを弾いてくれる仲間がいなくなることは非常に淋しい気持ちでいっぱいです。
ん~、残念。

| | コメント (0)

鹿児島出張

5/30今月3度目、今週2度目の鹿児島出張です。今回は前泊となったために、例によってアコースティック319にお邪魔しました。ベンさん、そしてNさん お世話になりました。ほっと一息できるステキな空間です。
この日のライブはタイスケ君。長渕の歌を数曲。少し雰囲気の違う長渕、よかったです。
6月にも鹿児島出張はあると思うので、できるだけ宿泊できるように頑張ります。

| | コメント (0)

2009年5月28日 (木)

伊集院大介 永遠に・・・

ミステリー作家の栗本薫さんが亡くなられた。
デビュー作「僕らの時代」からずっとファンだった。

このところ、病気と闘って入院しているのは知っていたが、絶対戻ってくると信じていた。

我が家の本棚にはグインサーガシリーズ以外の本は9割は揃っていると思う。残念でたまらない。

伊集院大介は歴史の残る名探偵だと確信している。次回作を期待していたのに・・・。

もう出会えないなんて。


ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (2)

2009年5月27日 (水)

朝日新聞おいちゃんの記事

朝日新聞の5/26朝刊においちゃんの記事が掲載されました。60歳「最初の休憩所」と題して、これまでの生きかたや、今年の妻恋腕新たなスタートを切るという話が・・・。でも、還暦を迎えて、この時点で最初の休憩所ということは、どこまで突っ走るつもりだろうか。楽しみ、いや少々心配でもあるが、おいちゃんが頑張ってくれると、10歳したのわれわれはもっと頑張らなくてはと思う今日この頃です。

| | コメント (0)

2009年5月24日 (日)

若人3人ミニミニライブinShangri-la

週末大名のシャングリラに行ったとき、若者三人がミニミニライブをやっていました。3人組かと思いきやそれぞれソロでやっているという。女性のシンガーソングライターのヒキリトモヨさん、ギタリストのチャリーさん、ギタリストのともぞ~さんの3人。三人とも素晴らしかった。ヒキリトモヨさんは、小さい体なのに迫力のある歌唱力だった。ホームページで確認するとすごい経歴の持ち主だった。若い人でも、実力のある人は。結構いるんだなぁ。
こんなすごい人たちを中洲の路上ライブをやっていたのを声を掛けて店に引っ張ってきたシンノスケ君もすごい!

| | コメント (2)

2009年5月21日 (木)

フォークギター再入門 22才の別れ2

今夜のフォークギター再入門は22才別れPart2。いよいよあの名曲のイントロの練習だ。スライド、チョーキング、ビブラートと先生はぱっと説明して、すぐ弾いてしまうんだが、これが、なかなか難しい。イントロのイメージがあるが、音に出すとちょっと違う、先生の見本を再確認し、やや近づく。ん~、どうなることやら。アルコールの力を借りては全然進まなくなってしまう。しらふのとき、ビデオで再確認しようっと。

| | コメント (0)

2009年5月20日 (水)

定額給付金が出ました

定額給付金が支給されました。12,000円×二人分。さてさて、何に使おうか・・・。と、言っても使い道は決まっております。秋に行われるこうせつおいちゃんのサマーピクニックフォーエバーのチケット代が一人12、0000円なり。有効に使います。でも、交通費は?宿泊費は?・・・ん~。ボーナスで何とかしようと思うけれど、棒茄子いやいあやボーナスまともに出るかなぁ。心配な今日この頃です。

| | コメント (0)

2009年5月19日 (火)

名探偵コナン切手

カミさんが郵便局行ってコンナもの、いや、コナン切手を買ってきた。
Photoすぐに使ってしまうのも勿体ないので、額に飾ることにした。こんな感じです。う~ん。なかなかいいかも。

| | コメント (0)

2009年5月18日 (月)

イライラ・カリカリ カルシウム

今日は朝から、イライラしていた。上司もいい加減な指示をして出かけるし、別の部署の先輩も、お門違いな文句を言ってくるし、本社のある部署の人は、こちらの現状もよく理解もしないで、今までそんなものやってきたのだからできるに決まっているといって聞く耳持たないし、何でこんな無茶なことばかり聞かなきゃならないんだ!もう、カリカリしてしょうがなかった。ネットで調べたらカリカリしているのはカルシウム不足だって。本当なのか?カリカリ=カルシウム摂取。嘘みたいな、本当の話のようだ。さて、家にまで、仕事のイライラを持ち込む訳にはいかないので、橋の上から捨ててきたが、また、明日の朝、気づかずに拾ってしまうのだろうか?

| | コメント (2)

2009年5月17日 (日)

南こうせつ 週末はログハウスで♪ つま恋特集

JFM系列16局でオンエアーされている南こうせつの「週末はログハウスで♪」、福岡の放送はなく、FM佐賀でかろうじて聞いている状況であるが、今週はつま恋特集。今年の9月20日に静岡県のつま恋で行われるサマーピクニックフォーエバーinつま恋に向けた思いや、過去のサマーピクニックでの思い出を。おいちゃんの30代はサマーピクニックだったと言う。かぐや姫や神田川の縛りから逃れたくて、ライブ感覚の歌を積極的に歌ってたという。でも、40代になって神田川を再認識し、素直に歌えるようになったという。あまりにも、大きなヒットで、どうしたらいいのか、どうしたら神田川を越えられるのかもがいていたのかなぁ。

Photoおいらのサマーピクニックの想い出は、第8回1988年の大分県九重高原のみだ。大学生時代に行けばよかったのに、一人で九州のコンサートに行くなんて鈍したら言いか、迷っていたような気がする。会社に入り、4年目、思い切って、一人でツアーに申し込む。九州について熊本だったか、大分だったかははっきりしないが、バスに乗り込むと、ほとんどがグループで、一人できたのはもう一人は、静岡から来た主婦だけでした。そんな不安がよぎる中、コンサート会場に付くと、おいちゃんの武道館チケットを買うのに並んだ新宿のマイシティで知り合ったナベさんに遭遇。一緒に見られることに。おいちゃんもよかったし、石川さんとの競演のあったし、ゲストは正やんと沢田研二とラフィンノーズしか今は覚えていないが、みんなそれぞれよかったと思う。
その後は、1999年8月に行われたサマーピクニックドリーム。拓郎さんも陽水も千春も、なんと言ってもかぐや姫が揃った記念すべきイベントである。
さて、今年はどんなコンサートになるのか楽しみである。

| | コメント (0)

2009年5月16日 (土)

焼酎フェア(福岡ドーム)

Img福岡ドームで行われた焼酎フェアに行ってきました。九州各地の焼酎、泡盛が700円(前売り500円)で味わえるな、なんとステキなイベントではあ~りませんか!(吉本新喜劇のようになってしまいました)
前回このイベントの参加したのが2008年2月、前回と比べて、参加する企業(蔵元)が随分減ったような気がする。

Photo会場の広く感じられ、ブースの前にも人だかりがあまり見られない。これも大不況の影響か・・・。こんな、会場の中で、一生懸命にアコースティックライブをやっていたのが加藤直樹さんだ。
Photo_2でも、ヨッパライのお父さんたちは聞く耳持たず、一生懸命聞いている野多ゆめんた君と子供だけ、少々かわいそうが気もしました。

| | コメント (1)

2009年5月12日 (火)

こうせつと仲間たち 今夜は良子さん

「皆さんこんにちわ、南こうせつです。」で始まった、NHKラジオこうせつと仲間たち。最初の話題は、おいちゃんの国東半島の家につばめがつがいで飛び込んできた。東京に出かける直前で、早く出ていって欲しいと、必死で追い回すがなかなか出てくれない。つばめは幸せを運んできたと逆にいいほうに考え、追うのをやめた。ポジティブ、ポジティブ!前向きに行こうよと。するとつばめはすっと出て行ったとか。この考え方、参考にしようよ。
さて、本日のゲストは森山良子さん。いくつになっても少女みたいだと、おいちゃんが衣装をほめ、良子さんがおいちゃんのパンツのセンスをほめ、間に入った石川ひとみさんもベテラン二人をうまく盛りあげるように「前向きで楽天的」という言葉が好きと、おいちゃんは「真剣なのんき」と返す。前向きな人生談話が続く。
スタジオライブはこの広い野原いっぱいと、ドナドナ。ハーモニーがうまい人はすぐにはもれるのでうらやましい。こればかりはまねできない。
最後に良子さんが「自分が前向きにやっていけるときが自分にとっての旬であり、実際の年齢は関係ない」と、ん~、感動!

| | コメント (0)

2009年5月10日 (日)

グリーンパラダイス2009

日比谷の野外音楽堂で行われた、南こうせつグリーンパラダイス18thに行ってきました。
2009いつもは雨の心配をするのですが、今回ばかりはカッパも傘も持たず荷物が随分軽かった。こんないい天気なんて久しぶりだなぁ。それだけでも最高です。オープニングは新しいアルバムのタイトル「ポロシャツの頃」。このアルバムから何曲か演奏したのですが、なんと言っても「時は流れて風が吹く」がいいですねぇ。曲を始めたのに、コードがあっているか再確認。さすがのおいちゃんも少々上がっていたのか?
今回のゲストは、中村あゆみ、加藤和彦、ムッシュかまやつ、そしてお笑い芸人のどくろ団改めカートヤング。どくろ団って???誰も知らなかった。尺八芸でおいちゃん大うけで、出演依頼したのですが、何かの間違いではと・・・。本人超びっくり。
会場には、女優の若村真由美、田中美里さんアンコールの時にはギタリストの徳武弘文、ブレッド&バターの弟?さんがステージに登場しました。何はともあれ、「来年も来いよ」とおいちゃんが行ってくれたのが一番で、少なくとも来年まだ続けるということで。来年も行くぞ~~!

| | コメント (0)

2009年5月 8日 (金)

明日はグリーンパラダイス

明日はこうせつおいちゃんのグリーンパラダイスだ。日比谷野外音楽堂で行われるイベントで今回18回目となる。ゲストは当日までわからないが誰が来るのか楽しみだ。
今夜は非常に疲れている。夕食後一眠りしたがまだ眠い。もうだめだ。おやすみ~~。

| | コメント (0)

フォークギター再入門 今夜は赤ちょうちん

石川鷹彦のもう一度はじめよう!フォークギター再入門。今夜の課題は赤ちょうちん。ハンマリングオンとプリングオフ。簡単にできると思っていたのだが、少々違って覚えていたようだ。プリングオフは押えた指を弦を弾いた時に離すだけと思っていたのだが、指を離す時に弦を引っ掛けるようにしてはじくことであった。これが意外と難しい。やはり、再度初心に帰って練習しなくては・・・。
次回は22才の別れである。乞うご期待。

| | コメント (0)

2009年5月 6日 (水)

再び「アコースティック319」

アコースティック319とは鹿児島宿泊出張の際によく行くお店で、今回は遊び半分、仕事半分の鹿児島行きでしたが、ぜひともよりたくてカミさんと義兄さんと一緒に行きました。本日の演奏は「今ちゃん」という方でブルースがよく似合う歌のうまい渋い方でした。それとマスターの秘蔵っ子「歌姫チィー」さん。華奢な感じではあるが、しっかりした声量があるので、今後の活躍に期待大です。
月2~3回は来て欲しいとマスターは言う。おいらも月4~5回は行きたいという。けれど無理や~。宿泊出張は厳しいのや。遊びで宿泊はもっと厳し~~い。

| | コメント (0)

小石原野外ライブ

5月3日福岡県東峰村の小石原で野外ライブがありました。といっても、知り合いのYさん主催のプライベートライブです。Yさんの身内や、友人が集まってバーベキューして、、飲んで、歌ってのステキなライブパーティです。凄腕の持ち主が大勢いる中でオイラもちょっと歌わせていただきました。
0001全員の写真を載せたいのですが、了解を得るのが大変なのでおいらのだけにしておきます。
この場所は江川ダムの関係で今年が最後になってしまいます。0002山の中で、自然も多く、近所迷惑も関係ない、騒いで起こるのは牛さんぐらいなものかと言う素晴らしい場所なのに残念です。

| | コメント (0)

2009年5月 2日 (土)

(佐賀)登栄荘(佐里温泉)

伊万里から唐津に向かう途中で温泉を探したが、ナビがここを選択したのでよってみた。
Photo佐里温泉です。大理石の内風呂に、ヒノキの露天風呂、さらにその奥に木漏れ日の湯が。ここは、浴槽に備長炭が敷き詰められている。お湯の成分をさらにいいものにすると書いてあった。炭って、浄化作用があるんだよね。ここって、掛け流しのようだけれど循環?
女性風呂にはガラス張りのピラミッド型の温泉のあるようで男性は宿泊の場合の朝だけ入れるという。ふ~ん。
(2009年5月)

評 価:★★★☆☆
料 金:600円
泉 質:不明、表示なし アルカリ性単純泉の気がする
PH値:不明
温泉成分への影響:不明
H P:佐里温泉登栄荘

| | コメント (1)

GWは有田か波佐見か

GWは有田の陶器市が超有名ですが、陶芸ファンなら波佐見も捨てきれないという。有田は佐賀県、波佐見は長崎県、でも隣同士なんだよねぇ、これが。と、言うことで、今年は波佐見に行って見ました。
20090501_001天気もよく、最高のドライブ日和。波佐見は長崎県だから、波佐見焼とは青磁器?よく分かりませんでした。有田もう数回行ったので、たまには波佐見もいいかもね。

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »