« 呼子&波戸岬 | トップページ | 大人のクラブ活動 »

2010年8月19日 (木)

愛器の入院

夏休みに(関係ないか?)愛器のギターを3泊4日のメンテナンスに出しました。
まず、長男のヤマキ140。高校時代に購入したものだから、今年で36年以上。3年前に一度、軽いメンテに出したのですが、今回は本格的に指板のくぼみを埋めたり、フレットの削れた部分を盛ったりして徹底的に直してもらいました。音がすごく良くなったとの評判です。
二男は、3年前に購入したマーチンHD28V。弦を張りっ放しにしていたのが悪かったのかネックがかなりそっくり返ってしまっていた。でも話を聞いてみると、最初からあまりいい状態ではなかったのではとのこと。日本人は細かく、きちんと仕上げるけれど、そうでないところも多いらしい。弦高が4mmあったのを、2.6mmにしてもらいすっかり弾きやすくなったギターは最高です。

ところで、愛器のギターが戻ってきて2日目、長女のヤマハFG-200のペグが外れてしまった。一つはずいぶん前に壊れていて、お茶の水の楽器店を回って一つだけペグを手に入れて交換のですが、福岡にはジャンク品を売っている店が見当たりません。
ネットで、見つけたセット品を買って、すべてを変えようかと思います。当時のペグはYAMAHAという文字が入っているのですが、今のペグには何も入っていないのですね。じゃぁ、なんでもいいのかなぁって。

|

« 呼子&波戸岬 | トップページ | 大人のクラブ活動 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 呼子&波戸岬 | トップページ | 大人のクラブ活動 »